食欲不振は何科の病院を受診すればいいの?

食欲不振は何科の病院を受診すればいいの?

食欲不振が長く続くと体の不調を自覚する人が増え始め、病院の受診を考え始めることが多いでしょう。しかし何科へ行くのが適切か判断できるでしょうか?

 

もちろん見当違いの科に行っても適切な科に案内してもらえると思いますが、そのために一回分無駄な時間と受信料を払うことになりますし、あるいは延々と見当違いの診察を受けるはめになることもありえます。

 

食欲不振の原因は様々ですので、食欲不振の原因と思しき障害に思い当たる点があるならその科を最初に受診すべきですが、原因がはっきりしない場合、ストレスなどの心因的な原因である場合、疲労や夏バテなど一時的な場合などは、まず総合診療科を受診すべきです。

 

総合診療科では部位を特定せず体全体の健康状態をチェックしてもらえるため、思わぬところに食欲不振の原因があったり、予想だにしなかった障害が隠されていても発見してもらえる可能性があります。そして、専門的な治療が必要そうであれば専門の科に案内されるはずです。

 

食欲不振は軽視されることの多い症状ですが、内臓系の重い疾患によって発生することも多い、軽んじることは危険な症状です。

 

特に原因が素人判断ではわかりづらいものですので、健康診断のような感覚で総合診療科を受診され、原因をはっきりと突き止めることを強くおすすめします。食欲不振が治れば健康状態もどんどん回復しますので、自覚があればすぐに病院へ行きましょう。