食欲不振の原因

食欲不振の原因

食欲とは根源的な欲求の一つであり、その食欲が落ちている状態というのは予想以上に深刻なことが多いものです。

 

食欲不振の原因には裏に原因疾患がある場合と、単純に疲労や季節の変わり目で体力が落ちていること、そしてストレスなど心因性のものが挙げられます。

 

それぞれ対処法がまるで違うので、特に原因疾患が存在する場合はそれを確実に治療しなければなりませんが、原因疾患が無い場合はいずれにしても体力を取り戻し消化器系の機能をもとに戻すことが重要となります。

 

原因疾患によって引き起こされている食欲不振は最も注意が必要なもので、慢性的疾患があった上で何らかのタイミングで食欲不振という症状が表に出ることもあります。

 

慢性の胃炎や腸炎、肝臓病などによって起こることが多く、特に肝臓病は一刻も早く治療が必要になることが多いです。アルコール性肝炎や肝硬変などが隠れていることもあり、これらの重病を放置すれば当然ながら命に関わります。

 

体力の衰えによる食欲不振は、結果的に内臓の機能が落ちている場合が多いため、その機能を取り戻すことが重要です。

 

夏バテで冷たいものばかり飲みまともに食事を摂らないと、内臓が冷え、中心温度が下がることで消化器系を始めとした多くの内臓の機能が衰えます。

 

体の温まるスープや薬味などを活用して、体の中から温めることが重要です。消化を助ける意味でも、しょうがなどの薬味は非常に有効に使うことができます。